あなたは外で働く派?在宅派?

休日を満喫しているようす
働くと聞くと、会社まで足を運んで勤務するイメージありますよね。しかし、外出せずに自宅で働く人も増えています!
主婦の方であれば尚更。毎日の家事育児に追われているのに、通勤で時間を無駄にしたくないと感じる方には、在宅ワークをおすすめします。

【通勤型と在宅のメリット・デメリット】
通勤スタイルと在宅スタイルそれぞれにメリットデメリットがあり、人によって働きやすさも変わってきます。

通勤型のメリットは周りの人と切磋琢磨しながら仕事に取り組めます。出勤の日は毎回外にでるので、気分転換や運動不足解消にもつながります。
デメリットとしては、人間関係が原因で仕事がイヤになる、雨の日は憂うつな気分で出勤しないという点があげられます。

在宅ワークには、仕事の量は自分で決められる、人間関係に悩まない、自宅なので天気に左右されないというメリットがあります。
デメリットは、仕事をどうこなすかは自分次第、人と会う機会がないので刺激がありません。

【主婦には在宅がオススメ!】
専業主婦には、「家事や子育てに忙しい、外に出てるヒマなんてない!」仕事のほかにすべきことがたくさんあります。
ちょっとした空き時間に副業をするのであれば、移動時間は省いていきたいですよね。お子さんが帰ってきた時に「おかえり」と言って迎えてあげたい思っている人は、在宅ワークに挑戦してみましょう。

在宅ワークはスマホやパソコンを使うケースがほとんどですが、機械操作に苦手意識がある人でも大丈夫。
最近は、初心者でもわかりやすいように設計されており、難しい手順を覚えていく必要はありません。
わからないことがあっても、仕事を委託している企業がサポートしてくれるので安心です。

何事もトライしてみることから始まります。副業ライフに挑戦してみましょう!